【2020年版】北摂の絶品大阪うどん5選

JUGEMテーマ:うどん

 

真の大阪うどんを求めて徘徊した2019年の記事を振り返り、その中から2020年に行くべき北摂のうどん屋さん5つを選定したいと思います。

 

選定の条件は下記の通りです。

・薄味関西風だし

・つるつる麺(讃岐系は除外)

・阪急電車/大阪メトロ沿線沿い徒歩圏内(一部例外あり)

・コストパフォーマンス良好

 

ちなみに、2019年版は次の記事をご覧ください。今年取り上げたうどん屋さんと昨年取り上げたうどん屋さんは、全て異なります。

 

【2019年版】北摂(大阪北部)のうどん屋5選

 

麺のコシなんてクソくらえ!つるつる麺最高!!という前代未聞の観点からのうどん5選、行ってみましょう。

 

 

 

No.1 大阪うどんの保守本流:川福(中山寺店)

 

2020年版の第1位は、有名店で恐縮ではありますが、川福です。

 

 

のど越しで味わうつるつる麺は、皇室にも献上されたことがあります。本店は心斎橋、まさに大阪うどんの保守本流!詳しい情報は次のリンク先の記事をご覧ください。中山寺店はお店もきれいだった!

 

大阪うどんの保守本流:川福(中山寺店)

 

 

No.2  一心・上新庄

 

2020年版第2位は、阪急京都線・上新庄駅近の一心です。

 

写真ではわかりにくいですが、器の大きなうどんです。「大阪うどん」としての完成度が極めて高く、第1位と第2位は拮抗しています。詳しい情報は次のリンク先の記事をご覧ください。

 

上新庄の大きな器のうどん

 

 

 

No.3 初代平成麺業・石橋阪大前

 

2020年版第3位は、昨年駅名が「石橋」→「石橋阪大前」に変更となった、阪急宝塚線・石橋阪大前駅の初代平成麺業です。

 

 

1日70食限定のつるつる麺は、のど越しで味わえるハイレベルなもので、川福に匹敵しています。しかし、個人的にはスープの味がもう少し薄めが良いと思いますので、川福よりは下にさせていただきました。詳しい情報は次のリンク先の記事をご覧ください。

 

石橋の70食限定のうどん

 

 

 

No. 4 家族亭・桜井or牧落

 

2020年版第4位は、昔懐かしい古典的なお味の家族亭(阪急箕面線・桜井駅or牧落駅)です。

 

 

つるつる麺というよりは、柔らか太麺。きつねに染み込む関西風出汁の旨味が爆発的です。こういう昔ながらのうどん屋(そば屋?)さんも大事にしたい。詳しい情報は次のリンク先の記事をご覧ください。

 

箕面桜ケ丘の老舗家族亭の古典的うどん

 

 

No. 5 紅葉庵・江坂

 

2020年版第5位。安定の柔らか手打ちうどん。大阪メトロ御堂筋線・江坂駅の紅葉庵(もみじあん)です。

 

紅葉庵1.JPG

 

素晴らしき薄味スープに染み込む鴨の旨味・・・詳しい情報は次のリンク先の記事をご覧ください。

 

江坂の紅葉庵(もみじあん)の鴨なん

 

 

番外編 道の駅の能勢うどん

 

そして、鉄道駅近ではないので番外編としましたが、能勢の物産にこだわって作られた能勢地産地消のうどん、「能勢うどん」も素晴らしいです。

 

能勢うどん.JPG

 

ほとんどが、地元名産品を使って作られています。その魂に敬意を表して・・・

 

道の駅の能勢うどん

 

 

 

スポンサーリンク

自宅で美味しいおうどんを。太鼓亭(本社は箕面)のおだしもよしなに・・・

 

●まとめ

 

いかがだったでしょうか。2019年版と合わせて参考いただければ幸いです。

【2019年版】北摂(大阪北部)のうどん屋5選

 

2019年版と合体させた、真の大阪おうどんランキングのようなものも、いずれメインブログ(北摂2025)で取り上げたいと思います。

 

ランチの参考になった!と少しでも思っていただけた場合には、

どうぞクリックいただければ幸いです。

↓↓↓

 
人気ブログランキング