大阪メトロの「駆け込み乗車は危険ですのでおやめください」について

JUGEMテーマ:大阪

 

 

大阪メトロの梅田駅で特に目立つのですが、

 

「駆け込み乗車は危険ですのでおやめください」

 

「次の列車をご利用くださ〜い!」

 

としょっちゅうアナウンスしています。

 

 

 

梅田駅で駆け込み乗車が多いのは、乗降客が多いこともありますが、それに加えて駅の構造上の問題のような気がします。大阪メトロ社内でそれを指摘する声はないのだろうか。

 

階段降りるまで列車が来ているかどうか分かりにくい次の列車がいつ来るか分からないということがあるので、階段を下りた瞬間に列車が停車していたら、それは心理的に駆け込みたくなりますわ。

 

御堂筋線は2〜4分間隔で運行していることが多いので、実際には次の列車を待っても時間ロスはほとんどないのですが、「次の列車がどこにいるか」という情報がすぐには分からないので、

 

階段降りる→列車が停車している→急いで乗らなきゃ!

 

という心理を助長しているように思います。

 

 

実は解決策はそう難しくなくて、改札口の前後、駅階段を下りるまでのところに、列車の運行状況を示す情報を出せばいいのではないでしょうか。あるいは、

 

8:00   なかもず行き

8:02   天王寺行き

8:04   なかもず行き

8:07   天王寺行き

 

これを表示するだけでも全然違うと思いますけど、どうでしょうか?

 

 

この情報が駅ホームまで行かないとないから、

 

階段降りる→列車が停車している→急いで乗らなきゃ!

 

となってしまうような気がします。

 

 

こんなモニターつけてギネス認定というのもいいですが、広告垂れ流しているだけというのも品がない・・・

 

運行状況の表示をもっと充実させたらどうでしょうか!?大阪メトロさん!

 

基本的には、大阪の発展につながることはどんどんやってもらいたいというのが当ブログのスタンスですが、ここはあえて!大阪メトロに苦言を呈します。

 

関連:梅田駅の大型モニター設置に関連して、大阪メトロにあえて苦言を呈する(北摂2025)

 

 

そうだそうだ!と思っていただけた場合には、

どうぞクリックいただければ幸いです。

↓↓↓

 
人気ブログランキング