巽神社

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

 

昨日のエントリーに続いて、こちらもたまたま通りがかり。

 

北摂市民には馴染み薄い大阪メトロ千日前線の終点、南巽(たつみ)駅近くの、「巽(たつみ)神社」。

 

1907年(明治40年)、巽村内の複数の神社を合祀して創建されたとのこと。

 

 

巽神社1.JPG

 

よくある明神鳥居。笠木、島木の反り増しあり(てっぺんが上に反っている)。鳥居の色は鳥居の種類と関係ありません。

 

巽神社3.JPG

 

巽神社2.JPG

 

さて、道路(内環状線)を挟んで反対側にも明神鳥居あり。はて、これいかに?

 

気になったので明治42年の古地図をみてみました!

 

古地図は今昔マップ on the web(http://ktgis.net/kjmapw/index.html)より引用させてもらっています。

 

左側が明治42年測量の地図(巽村と記載あり)、右側が現在の地図です。分かりにくいですが、矢印が巽神社です。

 

縦にまっすぐ伸びているのが旧道で、現在の地図では黄色い線で示されています。黄色い線を斜めに横切るように赤い線の道路(国道479号線・内環状線)があります。もともとあった参道を突っ切るように、国道が建設された結果、鳥居が道路を挟んで前後に分割されてしまったのですね!

 

神社はその地域の歴史を物語り、興味深いです。

 

 

意外と面白い記事だった!と思っていただけた場合には、

下記クリックをどうぞよろしくお願いいたします。

↓↓↓


人気ブログランキング

 

トラックバック
この記事のトラックバックURL