夢洲(2025年万博予定地)の開発によって恩恵を受ける会社は?

JUGEMテーマ:不動産投資

 

 

 

夢洲(ゆめしま)は大阪湾に浮かぶ人工島で、2025年大阪万博予定地、IR(複合型リゾート)候補地です。その現在の姿は前のエントリーに記しました。今後、大幅な開発が見込まれます。

 

開発に伴い、株価の上昇の恩恵を受けそうなのは、どんな企業でしょうか?

 

 

大阪市ホームページより

http://www.city.osaka.lg.jp/port/page/0000168315.html

(万博やIRのことには触れられていない図です)

 

 

横浜冷凍、上組、山九の各会社が、夢洲内に土地を持っていることが明記されています。これらの企業は、基本的に運輸業ですので、2025年大阪万博、IR、夢州駅の開発に伴う資材搬入の拠点になると思われ、今後大きな利益が期待できると思います。

 

 

.茱灰譽(横浜冷凍):2874

yumeshima16.JPG

 

既に保有敷地内には倉庫が立っており、夢洲内で道に迷った時の(?)ランドマークになっています。横浜市本社の食品販売、冷蔵倉庫の会社です。

 

過去5年の株価。全体の地合いの影響もあってか、最近は低下傾向です。

yahooファイナンスより

 

 

⊂總:9364

 

神戸市本社の、倉庫・運輸関連業会社です。港湾総合運送関連で国内トップクラスの業績を誇ります。

 

yumeshima12.JPG

 

上組所有と思われる土地です。まだ何もありませんが、今後開発が見込まれます。

 

恐らく、新設される夢洲駅のすぐそばの場所になると予想されます。2025年大阪万博、IR、夢州駅の開発のための物流拠点になることが予想されますが、開発完了後にも倉庫や物流拠点として使うにはもったいないロケーションかな?2025年以降も、ホテル経営とかすると大きな収益が望めるかも知れません。

 

過去5年間の株価。ロングトレンドは上昇傾向のようだが直近は安値で推移している。

yahooファイナンスより

 

 

山九:9065

 

物流と工場建設・保守を手掛ける東京本社の会社です。

 

yumeshima20.JPG

 

道路の右手の土地が山九保有の土地と思われます。IR予定地に隣接と思われます。「物流の山九」がこの抜群のロケーションで何をする?上組同様、2025年以降も期待できる銘柄と思います。

 

過去5年間の株価。わりとヨコレイに似た動きに見えます。

yahooファイナンスより

 

 

さ阪ホールディングス:9045

 

京阪電車を運営する会社です。ホテル業も手掛け、USJ近隣にもホテルを保有しています。中ノ島線から、USJ、舞洲、夢洲へと伸びる新線の建設が噂されています。

 

産経WESTより引用:https://www.sankei.com/west/news/180219/wst1802190090-n1.html

 

京阪電車への夢洲延伸へのインパクトははかり知れません。なぜなら、万博・IR〜USJの客を直通で京都へ送り届けることができるようになるからです。関西観光へ来た人々にとって、乗り換えなしで万博・IR〜USJと京都をつなぐ路線の魅力は大きいでしょう。ホテルとセットでツアーを組めるのが更なる強みか。

 

過去5年の株価。力強い動きをしている。

yahooファイナンスより

 

 

以上、4企業を2025年大阪万博及びIR関連銘柄として、今後もウォッチしていきたいと思います。

 

関連する記事

(1)夢洲(2025年大阪万博予定地)とは

(2)夢洲、2019年1月の姿

(3)夢洲(2025年大阪万博予定地)の開発によって恩恵を受ける会社は:万博関連銘柄

(4)舞洲(まいしま)とは

(5)咲洲(大阪南港)とは

(6)咲洲から見る夢洲(2025年大阪万博予定地)

(7)大阪港(天保山)のレゴランド・ディスカバリーセンター大阪

(8)大阪のMICE

 

参考になった!と少しでも思っていただけた方は、

下記クリックをどうぞよろしくお願いいたします。

↓↓↓


人気ブログランキング

 

コメント