大阪夢洲のIR:これで大阪が落選したらいったい何やねん?

JUGEMテーマ:大阪

 

 

 

久々更新させていただきます。IRの話題について。

 

香港メルコも大阪から撤退

 

大阪夢洲のIRについて、アメリカ・ラスベガスサンズに続き、「決定したら本社を大阪にする!」とまで言っていた香港メルコも撤退を表明しました。

 

IR事業者が大阪から続々撤退〜7社から3社に(ABCテレビ)

 

メルコは横浜Fマリノスとも連携し、「横浜ファースト」で行くそうです。

 

「大阪ファースト」を掲げるMGMリゾーツが地元企業のオリックスと組んでかなり先行していることから、まあ経営者としては当然といえば当然の判断。サンズが「東京・横浜」という言い方をしているため、メルコは「横浜ファースト」を打ち出すことで、差別化をはかったと言えるでしょう。

 

というか、「続々撤退」て、マスコミは悪意あるタイトルつけるな・・・

 

こちらもご覧ください:大阪夢洲のIRはどうなる?〜米サンズ大阪から撤退

 

夢洲遠景2.JPG

 

さて、IR=カジノを含む複合型リゾート施設は、日本において3か所選定されます。

 

大阪は負の遺産と言われ続けた「夢洲」という広大な空き地がもともとあったため、かなり早期の段階からIRに手を挙げて準備をしてきました。

 

その結果もあって、MGMリゾーツ、サンズ、メルコなどのIRノウハウを持つ海外有力企業が手を挙げて、大阪での計画を進めてきました。

 

しかし、MGMリゾーツは大阪本社のオリックスと連携してかなり有利な状況、その中で横浜が手を挙げたことで、もともと首都圏に色気があったサンズとメルコが大阪では勝ち目なしと見てそちらに流れたという話です。

 

 

IRなんて、首都圏の人は今回のことで初めて計画を知った人も多いでしょう。しかし、大阪はもともと準備を進めてきました。今まで全国的に報道されなかったのは、大阪という力の弱さか・・・

 

大事なことなので繰り返しますが、IRは今回湧いて出た話ではなく、大阪では橋下前市長の時代から準備を進めてきました。IR法整備についても、ある意味では「もともと大阪が主導した」と言えます。

 

なので、ぶっちゃけ今後誘致合戦が過熱して、「3か所」から大阪が漏れるようなことがあった場合、いったい何やねん?ということにはなります。

 

まさに、「あ〜とか〜ら〜来〜たのに、追いこーさーれ♪」ということです。

 

 

 

大阪夢洲にIRを造る意義

現状

・大阪夢洲は長年「負の遺産」と言われ続けた大阪湾に浮かぶ広大な空き地である。

・大阪夢洲に大阪万博誘致が決まったが、万博後の活用法が見いだせない。

・G20大阪サミットで使用された「インテックス大阪」は老朽化が進み、新たな会議場建設が望まれる。

・「キタ」「ミナミ」に続く「ニシ」の開発をしたい。

・関西国際空港にも近く、もともと大阪にはインバウンドが増加している(京都・奈良・神戸にも近い!)。

 

もう少しマクロに見れば、東京一極集中が進み、地方が疲弊していくなか、大阪は回復基調となっています。東京一極集中に対抗する「アンチ・東京一極集中」の旗手として、大阪経済の復活が望まれます。

 

 

IRとは何か?

 

カジノカジノと悪いイメージが先行していますが、カジノはむしろ付属品に過ぎず、「カジノを含む複合型リゾート施設」です。

 

本質的には集客のためのコンテンツであり、ホテルであり、そして大規模会議場です。

 

「何もない大阪夢洲」に「民間の力」で「ホテルや大規模会議場を作る」ということに最大の意義があると思います。

 

また、横浜の場合は山下埠頭の倉庫等を撤去し、いったん全て更地にしたうえで作り直すという手間がかかり、他の候補地でもそういったscrap&buildが必要になりますが、大阪夢洲は「すでに更地であるw」ため、buildだけで良いという大きなメリットもあります。

 

 

yumeshima21.JPG

ごらんのように何もない: 夢洲、2019年1月の姿

 

地方創生とビジネスの狭間で抱えるジレンマ・・・

 

さて、日本は東京一極集中が進み、地方は衰退の一途を辿っています。地方創生大臣なるものも作られ、地方に活力を与えることは日本経済の本当の意味での復活のための急務です。

 

そういう意味では、IRという超巨大事業はできれば地方にこそ作るべき。

 

個人的には日本に3か所も不要で、大阪のみの1か所でええやん!と思いますが、どうしても3か所というなら首都圏はやっぱり外した方がいいと思います。

 

とはいえ、ビジネスとしては首都圏でないと「旨味」がないのも事実。サンズも恐らく本命は東京でしょう。

 

結局、民間主導の事業なので、どうしても主力企業は大都市を目指してしまう、その結果東京一極集中が促進するというジレンマが起こっているように思います。地元に有力議員がいるかどうかという要素も働くでしょうし・・・

 

けっきょく、国が旗を振っても、地方創生とは関係なく、わけのわからん力学でわけのわからん落ち着き方をすることになるような気がします。今回は、アメリカ企業が関与していることですしね〜

 

 

 

あえて和歌山に言及してみる

 

 

さて、せっかくなので、和歌山IRにも触れておきたいと思います。和歌山もマリーナシティにIRの誘致を進めていて、そういう意味では大阪のライバルです。関西国際空港も近いし・・・何より自民党有力議員がいるw

 

ちなみに、和歌山のIR事業者の候補は、ブルームベリー(フィリピン)、バリエール(フランス)、ギャラクシー(香港・マカオ)、モヒガン・ゲーミング(米国)となっています。

 

ですが、ここは大阪vs和歌山で争うよりも、「関西の復権」という観点から共存共栄を目指せるような仕組みを目指してほしいものです。

 

大阪のインバウンドが増加する中、和歌山にも地元色豊かなポテンシャルあると思うけどな〜。

 

 

ということで、関西経済の動向という観点から、引き続き大阪夢洲IRには注目してみたいと思います。

 

こちらもご覧ください:大阪のMICE(大阪ベイエリアのホテルまとめあり)

 

 

もう東京一極集中はやめようや!に賛同いただける場合には、

下記クリックをどうぞよろしくお願いします。

↓↓↓

 
人気ブログランキング

 

 

 

 

大阪夢洲のIRはどうなる?〜米サンズ大阪から撤退

JUGEMテーマ:大阪

 

大阪夢洲のIRの事業者として有力視されていた米サンズが、横浜市がIR誘致に名乗りを上げたことで大阪撤退を表明しました。

 

「今後は東京・横浜に注力していく」と。

 

この変わり身の早さ。大阪人は忘れないよ!

 

夢洲遠景2.JPG

 

というか、もう首都圏はええやろ。なんでもかんでも首都圏に集めようとすんな。東京一極集中の問題点がこれだけ指摘され続けているにも関わらず、まだまだ首都圏は欲しい欲しい・・・これは日本衰退しますわ。

 

地方創生だのなんだの言いながら、IRのような大型事業を新規にやるなら、それこそ「首都圏は除く!」が条件でしょう。もう、何なんだ・・・

 

というか、きっと横浜もカマセになりますよ。東京五輪後の東京の景気悪化を食い止める!の名目のもと、きっと東京が手を挙げて、東京が選定されることになると予想します。(だから米サンズも東京・横浜に注力すると、あえて二都市の名を挙げている)

もう勝手にせい!

 

・・・ちょっと興奮いたしました 笑

 

冷静に整理してみましょう。

 

 

まず、IRは日本の3か所において選定されます。

 

大阪は万博誘致が決定している人工島”夢洲”にカジノを含む統合型リゾート、いわゆるIRの誘致をかなり昔から進めてきました。大阪はIR誘致の先駆者。その事業者として有力視されていた企業は主に3つ。

 

1.米サンズ

2.米MGM

3.香港メルコ

 

今回の横浜市の立候補を受けて、1は撤退。3も横浜に事務所を開設することとなりました。2MGMは、「大阪ファースト」を掲げ、オリックスと提携していて最有力とみなされています。(ちなみに、香港メルコも採用されれば本社を大阪移転!と力を入れています)

 

善意に解釈すれば、MGMが有力であるために、サンズは早めに撤退したのかも知れません。あるいは、初めから本命は東京だったかも。

 

 

確かに、カジノには賛否ありますが、大阪の場合はカジノというよりも、ホテルや会議場を含む複合施設を、民間の力を借りて、今まで何もなかった夢洲に作らせる、ということに意義があると思います。

 

G20でインテックス大阪の施設の老朽化が問題となりました。大阪がMICE都市を目指すうえで、新しい国際会議場の建設は必須です。カジノはともかく、大規模複合施設は是非とも作ってもらいたいものです。

 

USJに近く、京都、奈良、神戸と特色ある街も近隣にあります。この場所に娯楽を含む大規模施設が作られることは、関西経済にとって大きな起爆剤になるのではと思います。

 

 

ただ、MGMも巨額の有利子負債を抱えているなど、不安材料もあります。MGMとメルコの半分ずつ出資という解決策はないのでしょうかね?

 

こちらもご覧ください:

大阪のMICE:観光都市から迎賓都市へ!大阪の新たなポテンシャル

 

 

首都圏ばかり、もういい加減にしろ!に賛同いただける方は、

ぜひ下記クリックをよろしくお願いいたします。

↓↓↓

 
人気ブログランキング

 

豊中の服部緑地の再開発:どうせなら千里の竹林の復活を!

JUGEMテーマ:大阪

 

 

先日吉村大阪府知事が、豊中の服部緑地公園を視察し、民間の力を借りて大阪城公園方式での再活性化を!と呼びかけました。

 

是非、これはやってもらいたい!そしてついでに言うなら、嵐山の竹林の小道に匹敵するような、竹林公園を整備して欲しいです。

 

 

akizouさんによる写真ACからの写真 

 

何故ここで急に嵐山が出てくるの?とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、千里丘陵はかつて竹林で溢れていたのです。桃山台駅近くの「竹見台」という地名がありますが(吹田市に所属)、それは竹林で溢れていた時代の名残りでしょう。

 

 

マンションが次々に建設されて、今や千里の竹林も数少なくなりました。どうせ再開発するなら、嵐山に匹敵して観光客を呼べるほどの「千里の竹林」を復活させて欲しいです。

 

 

服部緑地は大阪メトロ御堂筋線〜北大阪急行利用で、梅田駅から20分程度の「緑地公園」駅すぐです。都心から20分ちょっとの場所に、嵐山嵯峨野の竹林のような場所があったら素敵じゃないですか??しかも、唐突に作ったものではなく、「千里丘陵の竹林を復活させる」という大義名分のもとにするのです。

 

千里に縁もゆかりもない新しい施設を作るぐらいだったら、是非「千里の竹林」を復活させて欲しい。そして、観光客を呼べるほどのクオリティーにして欲しい。

 

 

誰にもインフルエンスしない弱小ブログですのでw、たまたまこれを見た人、誰か偉い人に伝えてください!

いや、マジで 笑

 

吉村大阪府知事は南大阪の出身で、千里のことはあまりご存じないかも知れないしね。

 

北大阪急行の箕面延伸も延期になったことですし、北大阪急行の延伸完了と同時期メドぐらいで、是非!!

 

 

千里丘陵の歴史を古地図で振り返る

古地図を見て千里丘陵に思いを馳せる〜その1

古地図を見て千里丘陵に思いを馳せる〜その2

古地図を見て千里丘陵に思いを馳せる〜その3

古地図を見て千里丘陵に思いを馳せる〜その4

 

 

「千里の竹林」の復活を!!

に賛同いただける方はぜひ下記クリックをよろしくお願いします。

↓↓↓

 
人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

G20大阪サミットで採択された大阪の名を冠する宣言:大阪ブルーオーシャンビジョンと大阪トラックの大阪人による考察

 

 

2019年6月28日〜29日に開催されたG20大阪サミットは無事に閉会しました。大阪の発展を願ってやまない当ブログでも、ひっそりと注視しておりましたw

 

トランプ大統領のツイッターにG20大阪サミットのまとめの動画が投稿されています。なんというか・・・ええわ〜( ´艸`)

 

トランプ大統領のツイッターで公開されたG20大阪サミットのまとめ動画:こちら

 

大阪城が映っているのもなんか感動的だし、大阪人としては阪神高速道路の大統領車列内からの動画がジワジワきます。映っているのは、阪神高速環状線から本町方面へ行くあそこ(東船場ジャンクション)ですね!

 

特に、大阪城の元に世界の首脳が集った絵を見たら、豊臣秀吉や真田幸村らはどう思うだろうね。彼らからみたら400年後の世界!(現在の大阪城は豊臣家建造のものとは違いますが・・・)

 

いろいろと感慨深いサミットでした。

 

そこで採択された「大阪」の名を冠した二つの取り決めについてちょっと取り上げてみたいと思います。

 

写真ACより

 

 

●大阪ブルーオーシャンビジョン

 

2050年までに海のプラスチックごみをなくしましょう、という宣言です。大阪ブルー・オーシャン・ビジョン実現のための「マリーン・イニシアチブ」として外務省HPにまとめられています。

 

地球の7割は海ですし、日本は海洋国家ですから、とても理にかなった宣言だと思います。「海をきれいに!」の掛け声に「OSAKA」がついているのがとてもいいですね。なんといっても自称「水の都」なわけですし。

 

個人的には、”だからこそ”大阪の河川を綺麗にして欲しい。堺屋太一さんが道頓堀を泳げるようにしたい、みたいな構想を何年か前に出していたような気がしますが、これを期に再考して欲しいです。

 

日本がイニシアチブを取ることになっていますが、その中でも大阪が先導してこそ、真の水の都となるでしょう。

 

 

 

●大阪トラック

 

デジタル経済ルール作りのための枠組みの創設し、来年のWTO閣僚会議までに実質的な進展を目指すことが決まりました。「デジタル経済ルール作りのための枠組み?」 なんのこっちゃ???

 

 

 

運送会社?頭の中でハテナが渦巻きそうですw

 

しかし、個人的には、実はこれは凄いことなのではないかと妄想しています。

 

デジタル経済のルール。「デジタル経済」、そう、ひとつは電子マネーですね。今後、世界の商取引は、だんだん現金のやりとりではなく、電子化された貨幣のやりとりが中心になっていくでしょう。そこの技術の中心になってくるのが、「ブロックチェーン」。あれです。2年前ブームが吹き荒れた「仮想通貨」です。

 

実は、「仮想通貨」という言葉は今は使われなくなりつつあって、金融庁は「暗号資産」という言葉を使っています。

 

「仮想通貨」=投機(半分サギ)

 

という考えも未だありますが、ブロックチェーン技術が目指しているのは「さらにその先」です。ブロックチェーン技術は投機に使われるべきものではなく、「暗号化された資産」を取り扱うための方法論の一つなのです。つまり、お金だけでなく、全ての情報が暗号化(かつ情報改ざん不可能化)されて凄いスピードでやり取りされるようになる!

 

その「さらに先の技術」を世界で話し合って決めていきましょう、ということを日本主導で言い出したのです。しかも、そこに「大阪」の名がついているw

 

かつて、大阪は商売の街と言われていました。未来の商取引は「暗号化された資産」を通して、すごいスピードで進むようになるでしょう。そのルールが「OSAKA」で決められたということになれば、まさに「天下の台所」を通り越して「世界の台所」になるかも知れませんね! すいません、妄想が過ぎましたw

 

 

けどね、水の都・商いの街とG20を結びつけて考察したサイトは、2019年7月1日時点できっと唯一無二でしょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

●まとめ(と大阪人の妄想)

 

 

・大阪ブルーオーシャンビジョンとは、「2050年を目標に海を綺麗にしましょう」という宣言です。”水都”大阪と親和性が高い構想で、是非大阪でリーダーシップを取って欲しいです。

 

・大阪トラックとは、「電子化された商取引の国際ルールを決めていきましょう」という宣言です。”商都”大阪と親和性の高い構想で、やはりこれも大阪でリーダーシップを取って進めていって欲しいです。

 

・G20大阪サミットは、グローバル都市大阪に向けての大きなステップになったと思います。

 

 

最後にもう一度、トランプ大統領のツイッターで公開されたG20大阪サミットのまとめ動画:こちら

 

 

意外と目のつけどころええやん!?

そう思っていただけた方は下記クリックをよろしくお願いいたします!

↓↓↓


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

G20大阪サミットの開かれる大阪咲洲(南港):MICE誘致都市として世界に発信できるか?

JUGEMテーマ:大阪

 

 

G20大阪サミット開催が近づいてまいりました。G7をも上回る世界最高峰の国際会議、大阪の存在感を世界に知らしめるチャンスです!

 

遠景9.JPG

 

G20の開かれるインテックス大阪の全景です。ここにトランプ大統領やプーチン大統領、習近平国家主席やEU首脳などが集うと想像すると、ワクワク( ´艸`)

 

さて、四角い仁鶴がまあるく収めることができるでしょうか!?

 

サミットは28日(金)〜29日(土)ですが、交通規制は27日(木)〜30日(日)です。すでに大阪市内は尋常ならぬ警備体制になっていて、「大阪らしからぬ非日常」の雰囲気が高まりつつあります。

 

当ブログでは以前に大阪南港関連の記事を掲載していますので、ごらんください。

大阪のMICE:観光都市から迎賓都市へ!大阪の新たなポテンシャル

咲洲(大阪南港)とは

 

スポンサーリンク

 

G20大阪サミットは大阪MICEの発展のための第一歩。「観光都市」から「迎賓都市」へ脱皮し、真の国際都市大阪を目指すうえでとても重要なイベントと思います。

 

ちなみに、NEWポストセブンの記事によると、トランプ大統領が帝国ホテル大阪(造幣局の近く)、習近平国家主席がウェスティンホテル大阪(スカイビルの近く)に宿泊する予定みたい。リーガロイヤル(大阪国際会議場の近く)じゃないのか。。。

 

 

G20大阪サミットの成功を!に賛同いただける方は、

下記クリックをどうよろしくお願いします。

↓↓↓

 
人気ブログランキング