厳選おすすめ記事:独断と偏見による北摂のパワースポット番付も含めて

 

 

現在、ブログ移転作業を行っております。

その他もろもろ多忙により、しばらく更新のペースを大幅に落としますm(__)m

 

 

北摂(大阪北部地域)関連の当ブログ選りすぐりのエントリーをリストしておきますので、もし良かったら是非ご覧になってください!

 

IMG_7774.JPG

 

 

 

まずは、北摂のパワースポットという観点から。当ブログでは北摂の神社仏閣や古墳についても取り上げることが多いです。その中から選りすぐりのパワースポットをご紹介いたします。完全私見で番付つけてみますw (大相撲の慣例にならい、「東」が「西」より上位とします)  

 

あくまで「個人的なパワースポット感の強さ」で選択していますのでご了承ください。

 

 

●当ブログ的にパワースポット感が強いと感じる北摂の場所10選

<横綱>

東:箕面勝尾寺〜箕面勝尾寺は北摂最強のパワースポットかも知れない(箕面市)

西:能勢妙見山〜古来からの霊山は見晴らし最高!(能勢町)

 

<大関>

東:水無瀬神宮〜石川五右衛門をはじき返す神威!(島本町)

西:多田神社〜多田神社は武家の聖地(川西市)

 

<関脇>

東:今城塚古墳〜いましろ大王の社は北摂最大規模!(高槻市)

西:吉志部神社〜石と木と緑が調和した吹田の神社(吹田市)

 

<小結>

東:伊射奈岐神社〜吹田市山田のイザナギ神社(五社宮)(吹田市)

西:新屋坐天照御魂神社(西福井)〜彩都近くのお勧めパワースポット(茨木市)

 

<番外編>

五色塚古墳〜五色塚古墳は海・橋・船・飛行機・電車がみえるパラダイス!(神戸市)

野間の大けやき〜1000年の樹齢からパワーを感じる(能勢町)

 

 

これ以外にも、様々な御利益のある寺社仏閣やひっそりとした中にも凛としたエネルギーを感じるパワースポットがありますので、「北摂の寺社仏閣」「北摂の古墳」をぜひご覧くださいね。

 

IMG_7857.JPG

 

 

 

●高級インスタントコーヒー飲み比べ

 

続いて、当ブログでは関西関連のコーヒー会社の高級インスタントコーヒーの味の比較も行っております。

 

ハマヤのブルーマウンテンブレンドNo.1   攻めの苦味           34.1円/g

ロイヤルフレーバーのロイヤルブレンド    守りの苦味           20.5円/g

UCCのブルーマウンテンブレンド       苦味があまりない  28.3円/g

 

いすれも高級感のある口当たりです。

 

 

 

 

 

●ブログ開設1年のまとめ記事

 

最後に、2019年7月にブログ開設1周年のまとめ記事をいくつか作っていますので、そちらをリンクさせていただきます。

 

1周年を迎えての当ブログのミッションステートメント

【1周年記念15選】北摂地域のきれいな写真集【2018年〜2019年】

【1周年記念厳選】大阪の経済ニュース関連記事【2018年〜2019年】

【1周年】目の付けどころ良くないですか?の記事【マニアック!】

【1周年記念まとめ記事】北摂の便利情報【生活に役立つ】

【ギフトにも使える】北摂地域のおすすめ特産品【厳選記念保存版】

 

 

●ゆるキャラグランプリ2019

 

当ブログはゆるキャラグランプリ2019において、箕面市の「滝の道ゆずる」を応援しています。ゆるキャラブームの黎明期から存在している「滝の道ゆずる」の2018年は「5位」。全国制覇までもう少しです!

 

ゆるキャラグランプリ2019投票 (2019年10月25日まで)

 

ゆるキャラグランプリも2020年で終了となります。残りのチャンスはあと2回ですので、ご支援よろしくお願いします!

 

 

 

しばらく更新ペースを大幅に落とします。ご了承くださいm(__)m

引き続きご支援くださいませ。

↓↓↓

 
人気ブログランキング

おすすめ記事

スポンサーリンク

 

おすすめ記事

スポンサーリンク

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ 阪急百貨店公式通販サイト HANKYU E-STORES

 

 

 

 

 

 

池田市の大一文字焼き:大阪にもある大文字

JUGEMテーマ:大阪

 

大文字焼といえば、京都の五山送り火。

 

ですが、大阪府池田市にも伝統的に伝わる大文字、大一文字焼きがあります。

 

 

これ。池田の五月山に点火されます(8月24日土曜日)。

 

 

大一文字もあります。これは「がんがら火祭り」という池田の伝統行事の一つです。

 

大一文字の中に、鳥居が見えますでしょうか?愛岩(あたご)神社の鳥居です。祭神は火之迦具土神(ヒノカグツチ)。イザナギとイザナミの初期の子にして、イザナギに殺された悲運の神ですが、火の神様でもあります。北摂地区には、どういうわけか愛岩神社が数多くあります。

 

火の信仰の一つですね。

 

 

新猪名川大橋(ビッグハープ)とともに。おそらく、池田市民以外、大阪でもあまり知っている人は少ないでしょう。

 

 

IMG_3573.JPG

新猪名川大橋(ビッグハープ)

 

 

大阪の大一文字もけっこうええやん!と少しでも思っていただけた場合には、

下記クリックをぜひよろしくお願いします。

↓↓↓

 

 

 

 

 

 


大阪夢洲のIRはどうなる?〜米サンズ大阪から撤退

JUGEMテーマ:大阪

 

大阪夢洲のIRの事業者として有力視されていた米サンズが、横浜市がIR誘致に名乗りを上げたことで大阪撤退を表明しました。

 

「今後は東京・横浜に注力していく」と。

 

この変わり身の早さ。大阪人は忘れないよ!

 

夢洲遠景2.JPG

 

というか、もう首都圏はええやろ。なんでもかんでも首都圏に集めようとすんな。東京一極集中の問題点がこれだけ指摘され続けているにも関わらず、まだまだ首都圏は欲しい欲しい・・・これは日本衰退しますわ。

 

地方創生だのなんだの言いながら、IRのような大型事業を新規にやるなら、それこそ「首都圏は除く!」が条件でしょう。もう、何なんだ・・・

 

というか、きっと横浜もカマセになりますよ。東京五輪後の東京の景気悪化を食い止める!の名目のもと、きっと東京が手を挙げて、東京が選定されることになると予想します。(だから米サンズも東京・横浜に注力すると、あえて二都市の名を挙げている)

もう勝手にせい!

 

・・・ちょっと興奮いたしました 笑

 

冷静に整理してみましょう。

 

 

まず、IRは日本の3か所において選定されます。

 

大阪は万博誘致が決定している人工島”夢洲”にカジノを含む統合型リゾート、いわゆるIRの誘致をかなり昔から進めてきました。大阪はIR誘致の先駆者。その事業者として有力視されていた企業は主に3つ。

 

1.米サンズ

2.米MGM

3.香港メルコ

 

今回の横浜市の立候補を受けて、1は撤退。3も横浜に事務所を開設することとなりました。2MGMは、「大阪ファースト」を掲げ、オリックスと提携していて最有力とみなされています。(ちなみに、香港メルコも採用されれば本社を大阪移転!と力を入れています)

 

善意に解釈すれば、MGMが有力であるために、サンズは早めに撤退したのかも知れません。あるいは、初めから本命は東京だったかも。

 

 

確かに、カジノには賛否ありますが、大阪の場合はカジノというよりも、ホテルや会議場を含む複合施設を、民間の力を借りて、今まで何もなかった夢洲に作らせる、ということに意義があると思います。

 

G20でインテックス大阪の施設の老朽化が問題となりました。大阪がMICE都市を目指すうえで、新しい国際会議場の建設は必須です。カジノはともかく、大規模複合施設は是非とも作ってもらいたいものです。

 

USJに近く、京都、奈良、神戸と特色ある街も近隣にあります。この場所に娯楽を含む大規模施設が作られることは、関西経済にとって大きな起爆剤になるのではと思います。

 

 

ただ、MGMも巨額の有利子負債を抱えているなど、不安材料もあります。MGMとメルコの半分ずつ出資という解決策はないのでしょうかね?

 

こちらもご覧ください:

大阪のMICE:観光都市から迎賓都市へ!大阪の新たなポテンシャル

 

 

首都圏ばかり、もういい加減にしろ!に賛同いただける方は、

ぜひ下記クリックをよろしくお願いいたします。

↓↓↓

 
人気ブログランキング

 

キャノン一眼レフ入門機の単焦点レンズ購入に際しての考察

JUGEMテーマ:★カメラLife★

 

 

前回の、素人は一眼レフ入門機の次にカメラは何を買うべきか?:ソニーαシリーズで考察の続きです。

 

今回は現行もCanonの一眼レフ入門機 kissシリーズに合う単焦点レンズの比較・購入記です。

 

単焦点レンズは焦点が一点しか合わないという特徴から、カメラの構図を今まで以上に考えなければならないという特徴があります。単焦点レンズをしばらく使ってみて、入門機のポテンシャルをもう少し引き出してみたいと思います。

 

IMG_7917.JPG

太陽の塔:万博記念公園

 

「初心者でレンズ購入を迷っている」という方や、私のように「ミドルクラスのカメラが欲しいけどまだまだカメラの腕も知識もない」という方には参考になるかも知れないと思って、記事に残しておきます。

 

現在、私が使っているのはキャノンの一眼レフ入門機(EOS kiss x5, 2011年発売)です。将来的にはソニーのミラーレスへの買い替えを検討していますので、あまり高価なレンズは不要です。

 

 

 

IMG_7293a.jpg

大阪府能勢町

 

 

 

●単焦点レンズとは?

 

細かい技術的なことは省きます。焦点距離が調整できない(=ズームで画角を調整できない)レンズです。ズームできないので、自ら動いて画角を決めなければなりません。これは不便ではありますが、逆にカメラの構図を考えなければならなくなるので、脱初心者のための良い訓練になります。

 

その他、構造がシンプルですので、小さい、軽い、安いというメリットがあります。その他、f値が小さく、「明るい」「背景をぼかせる」などの特徴があります。

 

itami201901-1.JPG

大阪国際空港(伊丹空港)

 

 

●キャノンEOS kissシリーズに対応した単焦点レンズ

 

将来的にカメラの買い替えを考えていますので、高価なレンズは不要です。いわゆる撒き餌レンズ(安いけど使えない部分がある)ではあっても、安いものを選択します。私が候補に上げたのは以下の二つです。

 

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

 

YONGNUO YN 50mm F1.8 単焦点レンズ

 

なお、Canon kissシリーズ対応の単焦点レンズでもう少し高価なものは下記ですが、今回は購入候補から除外します。

 

SIGMA 単焦点レンズ Art 30mm F 1.4 DC HSM キャノン用 APS-C専用

 

このサイトが単焦点レンズの解説動画等をまとめておられていましたので参考にしています。

 

 

さて、,鉢△任浪然覆3倍ほど違いますが、実際のところはどうなのでしょうか。口コミなどをみると、△涼羚饑修發覆なかのコスパと評価されています。しかし、できたら純正品が欲しいですよね。でも、カメラ買い替えも視野に入れていて、いつまで使うかもはっきりしないし・・・

 

 

●結局

 

さんざん悩んだ挙句、△YONGNUO YN 50mm F1.8 単焦点レンズを購入しました。

 

 

中国製。梱包などはわりとちゃんとしています。

 

試し撮りをしてみたところ、使用感も悪くないです。

 

さて、単焦点レンズで北摂の風景にどのような変化がみられるでしょうか?乞うご期待!

 

 

こちらもご覧ください:

【1周年記念15選】北摂地域(大阪)の綺麗な写真集【2018〜2019年】

素人は一眼レフ入門機の次にカメラは何を買うべきか?:ソニーαシリーズ

 

意外と分かりやすかった!と思っていただけた場合には、

下記クリックをどうぞよろしくお願いいたします。

↓↓↓

 
人気ブログランキング

 

素人は一眼レフ入門機の次にカメラは何を買うべきか:ソニーαシリーズで考察

JUGEMテーマ:★カメラLife★

 

 

 

ブログをはじめて何とか1年続きました。今まで以上にカメラを使うことも増え、写真について考える機会も増えました。

 

IMG_0653barlesq.jpg

彩都近郊

 

現在、私が使っているのはキャノンの一眼レフ入門機(EOS kiss x5, 2011年発売)です。特に写真が趣味というわけでもありませんでしたので、これまではこれで満足だったのですが、カメラを使う機会が増えたことと、発売から8年経過していることなどから、新しいカメラの購入について検討中です。

 

そこで、せっかく検討しているので、そのプロセスが誰かの役に立つかもしれないと思い、「写真の専門知識のない、素人に毛が生えた程度の人が、入門機の次に何を買うべきか」というテーマで記事を書いてみたいと思います。

 

次に欲しいのは、いわゆる「ミドルクラス」と言われるカメラです。4K動画も欲しいところです。

 

初心者でソニーのミラーレスカメラを購入しようと思っているけど、何を買えばいいか分からない!という人には多分参考になる内容です。

 

 

箕面音羽山荘

 

 

●センサーサイズ:APS-C(小) vs フルサイズ(大)

 

現在保有のカメラのセンサーはAPS-Cですので、できればフルサイズのカメラが欲しいところです。APS-Cとフルサイズの違いについては、ソニーのサイトに詳しくまとめられています。

 

APS-Cに比べてフルサイズはセンサーが大きいですので、画質・表現力という意味ではフルサイズが勝利しますが、上記サイトによるとプロでもAPS-Cを選択するシーンがあるとのことで、カメラの世界は奥が深いですね。

 

 

IMG_7660.JPG

能勢妙見山

 

●一眼レフ vs ミラーレス

 

ここ数年でミラーレスカメラが勃興し、シェアを拡大していて今後主流になってゆくと思われます。今のカメラが一眼レフですので、次はミラーレスが欲しいと思っていました。一眼レフとミラーレスの違いは以下の通り。

 

 

光学ファインダーを覗きながら動く被写体を取るには断然一眼レフですが、北摂地域の風景を淡々と取る(笑)にはコンパクトなミラーレスで十分そうです。画質そのものはどちらとも変わりません。

 

レンズも通常の広角に加えて単焦点レンズ、超広角レンズが欲しいぐらいなので、レンズの種類が少ないといってもミラーレスで十分です。

 

ということで、欲しいのは「ミドルクラス」の「フルサイズ・ミラーレスカメラ」ということになります。こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

●メーカーはソニー!

 

さて、これまで一眼レフカメラ業界の二大巨頭は「ニコン」と「キャノン」でした。しかし、ソニーはいちはやくミラーレスカメラを市場に投入し、ラインナップを充実させてきました。2018年には、一眼レフとミラーレスを合わせた最高級市場でシェア一位を獲得しています。

 

新参ソニーがカメラ最高級市場で初のシェア1位、悩むキャノンとニコン(ダイアモンドオンライン)

 

ということで、ラインナップ充実のソニーのミラーレスカメラが欲しいと思っています。2019年9月にはα7RIVというニューモデルが発売されることもあり、ソニーのミラーレスはとてもタイムリーです。

 

と思って、ソニーのミラーレスカメラをお店に見に行ったのですが、種類が多すぎ!値段の全体像も分からない!!と思ったので、全体像をつかむためざっくりと表にまとめてみました。

 

値段は2019年8月時点での価格コム最安値を参考にしています。それぞれの細かいスペックの違いはカタログをご覧ください。「上級」「中級」「初級」の分類はあくまで個人的意見ですw

 

スペック的にはα7 II、α7 III、α7R IIあたりで十分そうです。単焦点レンズ、超広角レンズはいずれ追加で買いたくて、追加料金が発生するので、ズームレンズセットが有り難いです。いや〜そんなにカメラにお金はかけられませんって(><)。となると、α7 III (約20万円) vs α7 II (約13万円)。

 

ソニーミラーレスカメラα7IIIとα7IIの大きな違いは、

1.センサー:IIIが裏面照射型CMOSであるのに対して、IIが通常のCMOS

2.ISO感度上限:IIIは拡張で204800であるのに対して、IIが25600 

3.電池消耗度:IIIの方が倍ぐらい長持ち

 

ぐらいです。うーむ、悩みますね〜。夜景もたまに撮るから、ISO感度は高い方がいいのですが、IIでも今のCanonよりはいいですし。。。

 

 

如何だったでしょうか?ソニーのミラーレスカメラ、αシリーズの中級機を買おうとしている方の少しでも参考になれば幸いです!

 

 

こちらもご覧ください:

【1周年記念15選】北摂地域(大阪)の綺麗な写真集【2018〜2019年】

 

 

 

意外と分かりやすかった!と思っていただけた場合には、

下記クリックをどうぞよろしくお願いいたします。

↓↓↓

 
人気ブログランキング

 

●結局

記事を温めている間に、まだ入門機のポテンシャルも十分に引き出せていない自分の腕を反省し、もうしばらく今のカメラを使おうと決心いたしました。構図の勉強を兼ねて、単焦点レンズを購入してみます!